関西医科大学に国内初の光免疫療法の研究所を開設

光免疫医学研究所が誕生

2022年4月、関西医科大学に国内初の光免疫療法の研究所を開設  本研究所の所長・特別教授に、小林久隆先生就任 2022年4月1日、大阪・関西医科大学(枚方市)に光免疫医学研究所が誕生しました。 英国の高等教育専門誌の「THE世界大学ランキング2022」では、日本で第13位にランクインしており、近年の貴大学はその勢いを加速させています。 2022年3月には枚方キャンパスに高さ116mにもなる高層の「関医タワー」が完成しており、国際化推進センターと海外の来客のための宿泊施設を備え、国際交流の中核を担っています。 そんな関西医科大学は、基礎研究と臨床治療が連携し、光免疫療法が実施される世界初の研究所をオープンし、更に最新鋭の治療機器を導入し、統括部門・基盤開発部門・免疫部門・腫瘍病理学部門の4部門を設置すると発表しました。 また、光免疫医学研究所には、「光免疫療法」の開発者である小林久隆先生が所長に就任されました。そして、同月20日のに会見で、小林久隆先生は以下のように語っています。 「がんに苦しむ患者さんのために、10年後をめどに多種のがんへと適用拡大して、8割のがんをカバーできるようにしていきたい。また、光免疫療法が手術・抗がん剤・放射線治療という三大治療を行う前段階でも実施できることを目指したい。」 第5の治療法いわれる「光免疫療法」の更なる発展が、今後大きく期待されますね。 (因みに、「THE世界大学ランキング2023」では、国内では国公私立大学全体で11位タイ、関西では京都大・大阪大に次いで3位、私立大学では1位タイと研究機関としてより一層、隆盛を極めています。)

保険診療の光免疫療法

現在、保険適用となっている光免疫療法は「一部の頭頸部がん」のみであり、多くのがん患者様のニーズを満たすにはまだ時間を要します。 頭頸部以外で光免疫療法をご検討されている方は当院がお力になれるかもしれません。

当院でも「光免疫療法」を導入しております。

当院でよく頂くご相談内容

癌に関するお悩み
癌に関するお悩み

当院をご利用されている患者様

当院にご来院される患者様
当院にご来院される患者様

当院の光免疫療法の情報は以下よりご確認ください。

当院の光免疫療法詳細はこちら

 

関連記事

PAGE TOP