医療法人社団良凰会 理事長

小林賢次理事長

標準治療と自由診療と統合医療の三つの柱ががん治療には重要

【経歴】
1991年3月 京都大学法学部卒業
2000年3月 富山医科薬科大学医学部医学科卒業
2000年5月 同愛記念病院 臨床検査科
2002年5月 NTT東日本関東病院病理診断部
2011年6月 新八重洲クリニック 院長
2017年10月 GENE大阪クリニック 院長
2019年1月~ 東京がんクリニック開院
【資格等】
日本医師会 認定産業医
日本医師会 認定スポーツ医
プライマリケア連合学会 認定医
日本抗加齢医学会 専門医
日本人間ドック学会 認定医

小林賢次理事長のご挨拶

私は、保険診療をするうちに現在の標準治療だけでは、すべての患者様に良い治療効果を出すのは難しいと感じ、東京がんクリニックを開設しました。
東京がんクリニック開設後、多くの患者様の治療に携わり標準治療と光免疫療法と遺伝子治療などの自由診療を併用することで、がん治療の効果を上げることを確信致しました。
ただ、当院で治療をしていく中で、もっと治療効果を上げるためにはがん治療はもちろん生活習慣や食事内容の改善が必要だと感じました。
今回私の出身地である大阪で、標準治療と自由診療と統合医療の三つの柱を充実した治療を患者様に提供したく、医療法人社団良鳳会OGC大阪がんクリニックを開設いたしました。

院長の饗庭先生は長年、がんの保険診療をされていて多くの患者様を診てこられたので三大標準治療を受けるにあたり、患者様の治療に対する不安な気持ちなどに寄り添いながら患者様に合った最善の当院の治療を提案して頂けると思います。

黄先生は、統合医療と食事療法を重視した台湾で多くの患者様を診てこられ、患者様との対話の中で患者様の体調に合わせた食事療法や日常生活の提案をして、患者様の免疫力を上げる提案をして頂けると思います。

これからも当院ではがん治療の三つの柱を充実させて患者様一人一人の治療効果を上げる様、医師をはじめスタッフ一同尽力致します。

医師一覧

医師一覧

PAGE TOP