前立腺の役割と前立腺癌のリスク要因・初期症状

前立腺と前立腺癌について

前立腺の機能と役割

前立腺は男性の下部に位置し、尿道を取り囲む形で存在します。この器官は、以下のような重要な役割を果たしています。

  • 前立腺液の分泌:前立腺は、精液の主要な成分である前立腺液を生成します。前立腺液は精子を保護し、その活動を促進します。
  • 射精の調節:射精時には、前立腺は膀胱側の筋肉を収縮させ、精液が膀胱に逆流するのを防ぎます。
  • 男性ホルモンの影響: 前立腺は男性ホルモンの影響を受け、加齢とともにそのサイズが増大します。この増大は、40代以降に特に顕著となり、前立腺の肥大や癌のリスクが増加します。男性ホルモンは、筋肉の形成や強化、意欲の増加、記憶の維持など、多くの生体機能に関与しています。

前立腺癌のリスク要因

前立腺癌の発症リスクを高める要因には以下のようなものがあります。

  • 家族歴: 前立腺癌の家族歴がある人は、発症リスクが高まります。
  • ホルモンバランスの変動: 若い頃に男性ホルモンが多く、加齢とともにそのバランスが崩れると、発症リスクが増加します。
  • メタボリックシンドローム: 肥満、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの症状を持つ人は、前立腺癌のリスクが高まります。
  • 社会的・経済的要因: 高学歴や高収入の人、また社交的でなく孤独を好む人もリスクが高まるとされています。

前立腺癌の初期症状

前立腺癌の初期段階では、以下のような症状が現れることがあります。

  • 排尿障害: 前立腺の増大により、尿道が圧迫され、尿の流れが細くなることがあります。
  • 頻尿: 前立腺の増大により、膀胱が圧迫され、少量の尿でも尿意を感じるようになります。
  • 残尿感や尿漏れ: 前立腺の調節機能の低下により、尿が完全に排出されず、残尿感や尿漏れが生じることがあります。

診断方法

前立腺癌の診断には、PSA(前立腺特異抗原)の血液検査が有効です。PSAは、前立腺から分泌されるタンパク質で、その値が増加すると前立腺癌のリスクが高まるとされています。ただし、PSAの値が上昇する原因は他にもあり、前立腺癌の診断には他の検査方法と併用することが推奨されています。

当院の光免疫療法詳細はこちら

電話でのお問い合わせ

関連記事

PAGE TOP